News

2018.6.4

大迫力のライブサウンド、600インチの大スクリーンで 忌野清志郎の名演が甦る!

忌野清志郎 Little Screaming Revueの「TOUR 1998 TRAVELIN’ CAFE」ツアーの最終日1998年12月26日、赤坂BLITZでのライブの模様を上映。

しかも会場は全国のZeppホール、つまり当時のライブ本番さながらの大迫力の音響と600インチの大スクリーンで再現します。
さらに東京公演の本編上映前にはゲストに当時のメンバーである三宅伸治(ギター)、富岡Grico義広(ドラムス)を迎え、スペシャル・トークセッションを行います。この模様は収録し名古屋、札幌、大阪公演でも上映します。

上映会ツアー・オリジナルTシャツも会場限定で販売予定!

メンバーコメント

三宅伸治(ギター)

grooveで、世界を変えてやるって
その頃の4人のツアー最終日
楽しいに決まってる!

それにしても、選曲が面白い。
いろいろが、面白い。
バンドは、やっぱりツアーだなと、
つくづく思う。
瞬間を撮ってくれてた事に、
うれしく思います。
あーまた4人で、やってみたいなー
今、やったらどんなだろうな…

富岡Grico義広(ドラムス)

大変だ!清志郎と藤井裕がやって来るぞ~!!

上映作品解説:
音楽評論家・今井智子【東京公演スぺシャル・トークショーのMCで出演予定】

忌野清志郎Little Screaming Revueは、清志郎が1996~99年に率いていたバンドで、メンバーは三宅伸治(ギター)、藤井裕(ベース)、富岡Grico義広(ドラムス)。70~80年代から親交のある3人と、清志郎は楽しそうに活動していたものだ。このバンドで3枚のアルバムを製作したが、いずれもシンプルな編成にもかかわらずサウンドは豊かで、清志郎の曲も変化に富んでいる。このライヴは2作目『Rainbow Cafe』リリース後に行った全国ツアーの最終日の模様だ。

清志郎を師と仰ぐ三宅のギターにソウルフルな藤井の5弦ベース、ダイナミックな富岡のドラムを従え表情豊かに歌う清志郎の息はばっちりで、ツアーを経て脂の乗った歌と演奏は言うまでもなく絶品。ロックにブルース、パンクもポップも清志郎流に料理して『Rainbow Cafe』収録曲はもちろん、RCサクセションの曲やソロ名義の曲、カヴァーなど次々に披露していく。また清志郎はキーボードやブルースハープ、サックスにフルートも演奏して曲を盛り上げ、お茶目な演出や愛嬌のあるMCで笑わせる。ド派手な衣装やキラキラ飾り立てたステージが似合うのも清志郎ならでは。このバンドでしか演奏しなかった曲もあるし、このバンドの映像作品は商品化されていないので、この映像は本当に貴重な記録だ。

 清志郎は2009年に、藤井裕は2014年にこの世を去ったが、こうして彼らの歌い演奏する姿を見られる幸福を、140分のあいだ堪能したい。

公演概要

全国Zepp上映会ツアー!
忌野清志郎 Little Screaming Revue「TOUR 1998 TRAVELIN’ CAFE」上映会

(収録:1998.12.26 赤坂BLITZ)

東京公演:スペシャル・トークショー有(出演:三宅伸治、富岡Grico義広)
札幌、名古屋、大阪公演は東京公演でのスペシャル・トークショーを映像上映

東京公演

2018年7月12日(木)
開場 18:00 / 開演 19:00

会場:Zepp DiverCity(TOKYO)アクセス

愛知公演

2018年7月18日(水)
開場 18:00 / 開演 19:00

会場:Zepp Nagoyaアクセス

札幌公演

2018年7月20日(金)
開場 18:00 / 開演 19:00

会場:Zepp Sapporoアクセス

大阪公演

2018年7月24日(火)
開場 18:00 / 開演 19:00

会場:Zepp Namba(OSAKA) アクセス

料金

全席自由¥3,500(税込)
※入場時ワンドリンク\500別途必要
  • ※チケットご購入後お客様のご都合による変更および払い戻しは行っておりません。予めご了承のうえお申し込みください。
  • ※通常の公演と同様に、お客様に楽しんでいただく上映の為、拍手や歓声などが起こる場合もございます。ご理解のうえ、ご購入ください(ただし危険行為は禁止しております)。
  • ※劇場内は、カメラや携帯などでの録音/録画/撮影を禁止しております。このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除のうえご退場いただきますので、予めご了承ください。
  • ※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
  • ※18歳以下の未成年の方は、必ず保護者の同意を得たうえでチケットをご購入・ご来場ください。
  • ※お一人様4枚までチケット購入可能。
  • ※2Fも自由席として販売いたしますが、1F、2Fの選択はいたしかねます。2F席はステージが見える席になります。ご了承ください。
  • ※整理番号順でのご入場となります。
  • ※Blu-ray素材での上映になります。
  • ※東京公演は本編上映前にメンバー・三宅伸治/富岡Grico義広 さんのスペシャル・トークショー(約20分)を開催、札幌、名古屋、大阪公演は東京公演でのスペシャル・トークショーの模様を収録した映像を本編前に上映いたします。

主催/企画/制作

Zeppホールネットワーク

協力

ベイビィズ/エムオン・エンタテインメント/レーベルゲート/Zeppライブ

問い合わせ先

Zeppライブ
03-5575-5170(平日13:00~17:00 )

チケット発売日

先行販売

各プレイガイド先行受付
6月6日(水)12:00~6月10日(日) 23:59

一般発売日

2018年6月16日(土)10時

各プレイガイド

備考

<セットリスト>

  • ①ドカドカうるさいR&Rバンド
  • ②雨あがりの夜空に
  • ③裸のマンモス
  • ④SKY PILOT
  • ⑤サンシャイン・ラブ
  • ⑥たとえばこんなラヴ・ソング
  • ⑦危ないふたり
  • ⑧溶けるように
  • ⑨サン・トワ・マ・ミー
  • ⑩ひどい雨
  • ⑪忙しすぎたから
  • ⑫エンジェル
  • ⑬Make Up My Mind
  • ⑭イキなリズム
  • ⑮FREE TIME
  • ⑯チャンスは今夜
  • ⑰鶏肌
  • ⑱エンジン・トラブル・ブギ
  • ⑲ベイビー!逃げるんだ。
  • ⑳上を向いて歩こう
  • ㉑裏切り者のテーマ
  • ㉒世の中が悪くなっていく
  • ㉓キモちE
  • <上映曲目変更のお知らせ>
    事前に発表していた上映予定曲の中のThe Beatlesのカバー曲「Get Back」が、著作権上の上映の許諾が現時点で得られず、「Get back」演奏部分の上映を中止せざるを得なくなりました。
    お客様にはご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

    株式会社Zeppホールネットワーク

MUSIC ON! TV(エムオン!)での連動企画

MUSIC ON! TVで90分バージョンをオンエア

そもそもこの上映会の映像はMUSIC ON! TV が1998年当時収録し90分バージョンに編集してオンエアされたもの。上映会に先駆け再オンエアが決定。また彼のキャリア史上初の弾き語りソロライブ「ONE MAN SHOW」も放送。

M-ON! LIVE 忌野清志郎 Little Screaming Revue「TOUR 1998 TRAVELIN’ CAFE」
放送日時:7/7(土)23:00~24:30
番組ページURL:
http://www.m-on.jp/program/detail/mon-live-imawanokiyoshiro-1807/

M-ON! LIVE 忌野清志郎 「ONE MAN SHOW」
放送日時:6/25(月) 23:00~24:30、7/7(土)24:30~26:00
番組ページURL:
http://www.m-on.jp/program/detail/mon-live-imawanokiyoshiro-1806

moraでの連動企画

moraで上映会のセットリスト曲を特設ページで配信

セットリスト曲を音楽配信サイトmoraの特設ページで配信します。

さらにダウンロードした曲を「RealLive(turned on by Zepp)」という無料のライブサウンド体験アプリを通して聴けば、上映会当日さながらのライブサウンドで事前体験出来ます。

mora 上映会セットリスト販売ページ
http://mora.jp/topics/osusume/imawanokiyoshiro/

mora 忌野清志郎 楽曲販売ページ
http://mora.jp/artist/25530/all


「RealLive(turned on by Zepp)」iOS版ストア

「RealLive(turned on by Zepp)」Android版ストア

※本アプリはハイレゾ音源(FLAC)非対応となります。

PAGE TOP